厚生労働事務官採用情報

    平成30年度採用試験から、主としてハローワークで勤務する者(事務官(共通))及び、
 主として労働基準監督署で勤務する者(事務官(基準))の2系統に分けて採用する方式に
 変更となりました。
  採用について
  1.事務官(共通)
    関西ブロック労働局(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)としての採用となることから、
   採用後の配属先は関西ブロックのいずれかの労働局となります。  
  
  2.事務官(基準)
    各々の労働局での採用となります。  
  採用スケジュールについて(平成30年度) 平成29年12月現在
   平成30年6月17日(日) 国家公務員一般職(大卒程度)第1次試験
   
   平成30年7月11日(水) 国家公務員一般職(大卒程度)第1次試験合格発表
   (未定) 官庁合同業務説明会
   (未定) 労働局業務説明会
   (未定) ハローワーク見学、労働基準監督署見学
   平成30年7月18日(水) 国家公務員一般職(大卒程度)第2次試験
        ~
   平成30年8月3日(金)
   平成30年8月21日(火) 国家公務員一般職(大卒程度)最終合格者発表
   (未定) 官庁訪問・採用面接
 

 

 

  採用後の配属について
  1.事務官(共通)
    (1)ハローワーク  

    (2)労働局総務部、雇用環境・均等部(室)、職業安定部、需給調整事業部(課・室)

 

  2.事務官(基準)
    (1)労働基準監督署
    (2)労働局総務部、雇用環境・均等部(室)、労働基準部
  異動について
   採用後は、労働行政を総合的にとらえることのできる能力開発を行い、より広いキャリアを
  有する職員を育成し、労働行政の総合的なパフォーマンスの向上を図るために、原則として
  関西ブロック内労働局間の異動を行います。
   労働局間の異動については、原則として、長期居住を希望する労働局(定着希望局)で
  4年間勤務した後の採用後5年目に行い、定着希望局以外の労働局で2年間勤務してもら
  います。
    他局での2年間の勤務終了後以降については、原則として、定着希望局で勤務していた  
  だきます。
 

 

 

  採用担当者より
   事務官(共通)で採用となった場合には主にハローワークで勤務し、事務官(基準)で採用
  となった場合には主に労働基準監督署で勤務することとなり、窓口で直接お客様と接して
  いただく仕事がメインとなります。
   窓口には様々なお客様が来られますので、懇切丁寧な対応やお客様のニーズに合った
  サービスが必要となります。
   もちろん苦労もありますが、私どもとお客様との距離が近いことから、とてもやりがいを感
  じる仕事です。
   本当に国民のために役に立ちたいと思っている、やる気あふれる皆さんが労働局に来て

  くださることを期待しております。

 

 

このページのトップに戻る
本気で考えて。労働保険  高年齢者雇用安定法等  バナー(HP 職業対策課)2案.png  人材サービス総合サイト
e-Gov  厚生労働省によるメールマガジン 厚労省人事労務マガジン    石綿関連疾患のご遺族の皆様へお願い
 大阪労働局

〒540-8527 大阪市中央区大手前4-1-67 大阪合同庁舎第2号館 8~9F

〒540-0028 大阪市中央区常盤町1-3-8中央大通FNビル9F/14F/17F/21F

Copyright(c)2000-2012 Osaka Labour Bureau.All rights reserved.