ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報労働局についてよくあるご質問
ホーム > 労働局について > 職員団体との交渉等の状況について

職員団体との交渉等の状況について

 

  働く意欲のある誰もが活躍できる雇用対策を推進するとともに、将来に希望を持って安心して働くことができる職場環境を整備するため、次の「3つの目標」を定め、職員が一丸となって取り組みます。


  平成29年度 【行政運営方針】を見る


 これらの取組を進める上では、国民の視線に立った行政運営方針を通じた業務成果の向上を目的として、計画的・効率的な行政運営を展開する必要があります。
 こうした中で、職員団体との交渉について、その透明性を確保し、説明責任を尽くすという姿勢に立って、ホームページにおいて交渉内容を公開することといたします。


≪職員団体について≫
 大阪労働局と交渉権をもつ職員団体は、全労働省労働組合大阪基準支部、全労働省労働組合大阪職安支部、大阪労働局職業安定行政職員労働組合の3団体があり、全労働省労働組合大阪基準支部は大阪基準行政の職員、全労働省労働組合大阪職安支部及び大阪労働局職業安定行政職員労働組合については、大阪職業安定行政の職員で構成されています。
 この3団体は、それぞれ人事院に登録を行っている職員団体です。

このページのトップに戻る
本気で考えて。労働保険  高年齢者雇用安定法等  バナー(HP 職業対策課)2案.png  人材サービス総合サイト
e-Gov  厚生労働省によるメールマガジン 厚労省人事労務マガジン    石綿関連疾患のご遺族の皆様へお願い
 大阪労働局

〒540-8527 大阪市中央区大手前4-1-67 大阪合同庁舎第2号館 8~9F

〒540-0028 大阪市中央区常盤町1-3-8中央大通FNビル9F/14F/17F/21F

Copyright(c)2000-2012 Osaka Labour Bureau.All rights reserved.