ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報労働局についてよくあるご質問
ホーム > ニュース&トピックス > 新着情報・イベント情報 > 2015年 > 大阪労働局働き方改革推進本部発進!

大阪労働局働き方改革推進本部発進!

 

 

270223-01.jpg 

 今、働く人の心身の健康確保、仕事と生活の調和、女性の活躍推進等の観点から、個々の企業において、労使の話し合いを通じて、所定外労働時間の削減、年次有給休暇の取得促進、勤務地などを限定した多様な正社員制度などの「働き方改革」を進めていくことが求められています。

 このため、働き方改革の実現に向けた取組みをさらに強化するため、企業トップへの働きかけや気運の醸成を図ることを目的として、「大阪労働局働き方改革推進本部」を平成27年1月21日設置しました。

 

1月21日の発足記者会見の様子(NHKで放送されました。) 

270223-02.jpg          270223-03.jpg
270223-04.jpg  

270223-05.jpg

   関西経済連合会、連合大阪、大阪府に対し、要請書が手渡されました。

 

報道記者発表資料

  (平成27年1月21日「大阪労働局働き方改革推進本部」を設置します。)

  今後も「働き方改革推進本部」では、以下のプランに沿って働き方の改革に取り組んでまいります。 

 

大阪労働局働き方改革5つの推進プラン

  1 リーディングカンパニーへの直接要請

  2 「働き方改革宣言」の募集

  3 長時間労働抑制への啓発

  4 働き方改革のためのセミナーの開催

  5 次世代育成支援のための行動計画策定を通じた企業への働きかけ

  

働き方改革宣言の企業等

  気運の醸成のため、大阪労働局のホームページで貴社の働き方改革をPRしたいという意欲ある企業

 等をご紹介しています。(働き方改革宣言の募集要項はこちら

 

 

朝型の働き方などの取組

  今、話題の大阪での朝方勤務に取り組んでいる企業等の紹介です。ゆう活

 

○企業向け「見える化」診断

  厚生労働省 「働き方・休み方改善ポータルサイト」

  ウェブ上で働き方・休み方の改善ポイントが分かります。 

   270130-01.jpg

 

金融機関との連携

 

○新しい働き方「テレワーク」

   テレワークとは、情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)

   を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

 

   ※「tele=離れた所」と「work=働く」をあわせた造語です。

     テレワークは働く場所によって、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、モバイルワーク、

     施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)の3つに分けられます。

 

     ・テレワークに関する情報等は、下記のサイトをご覧ください。

      一般社団法人 日本テレワーク協会 

  

 

 

本気で考えて。労働保険  高年齢者雇用安定法等  バナー(HP 職業対策課)2案.png  人材サービス総合サイト
e-Gov  厚生労働省によるメールマガジン 厚労省人事労務マガジン    石綿関連疾患のご遺族の皆様へお願い
 大阪労働局

〒540-8527 大阪市中央区大手前4-1-67 大阪合同庁舎第2号館 8~9F

〒540-0028 大阪市中央区常盤町1-3-8中央大通FNビル9F/14F/17F/21F

Copyright(c)2000-2012 Osaka Labour Bureau.All rights reserved.