C型肝炎ウイルス等について


 厚生労働省では、C型肝炎ウイルスの持続感染者等に対する差別は、偏見を基礎にしたものであり、地域や職場においてこれらの偏見を排するよう、正しい知識の普及・周知徹底に取り組んでいます。

 採用選考時に「血液検査」等の健康診断を実施することは、C型肝炎ウイルス検査以外のものであっても結果として持続感染者等に対する就職差別につながるおそれがあり、職務内容との関連でその必要性を慎重に検討し、応募者に十分な説明を行うことが求められます。

  なお、「C型肝炎について(一般的なQ&A)」が以下のホームページに掲載されており、C型肝炎ウイルスに感染した保健医療従事者は、仕事上の制限を受けないとされているところであり、参考としてください。


 関連ホームページ
  厚生労働省
  (財)ウイルス肝炎研究財団
  (社)日本医師会


このページのトップに戻る
本気で考えて。労働保険  高年齢者雇用安定法等  バナー(HP 職業対策課)2案.png  人材サービス総合サイト
e-Gov  厚生労働省によるメールマガジン 厚労省人事労務マガジン    石綿関連疾患のご遺族の皆様へお願い
 大阪労働局

〒540-8527 大阪市中央区大手前4-1-67 大阪合同庁舎第2号館 8~9F

〒540-0028 大阪市中央区常盤町1-3-8中央大通FNビル9F/14F/17F/21F

Copyright(c)2000-2012 Osaka Labour Bureau.All rights reserved.