ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報労働局についてよくあるご質問
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 職業紹介関係 > 法令・制度 > 公正な採用選考のお願い > 求職者の個人情報の取扱いについて

求職者の個人情報の取扱いについて


職業安定法では、「求職者の個人情報の取扱い」について次のように規定しています。

第5条の4
 公共職業安定所等は、それぞれ、その業務に関し、求職者、応募に応じて労働者になろうとする者又は供給される労働者の個人情報(以下この条において「求職者等の個人情報」という。)を収集し、保管し、又は使用するに当たっては、その業務の目的の達成に必要な範囲内で求職者等の個人情報を収集し、並びに当該収集の目的の範囲内でこれを保管し、及び使用しなければならない。ただし、本人の同意がある場合その他正当な事由がある場合は、この限りではない。


対象となるのは

  求人企業、職業紹介事業者、労働者派遣事業者が対象となります。


個人情報の収集の基本は

  ・ 業務の目的の範囲内で収集すること。
・ 収集してはならない個人情報は、
   1. 人種、民族、社会的身分、門地、本籍、出生地、家族の職業、収入、本人の資産などの情報、容姿、スリーサイズなど
   2. 人生観、生活信条、支持政党、購読新聞・雑誌、愛読書など
   3. 労働運動、学生運動、消費者運動などに関すること


個人情報を収集するには

  ・ 本人から直接収集すること。
・ 本人以外から収集する時は、本人の同意を得たうえで収集すること。


個人情報の保管、使用は

  ・ 収集目的の範囲に限られる。


個人情報の管理は

  ・ 目的に応じ必要な範囲において正確かつ最新の内容に保つこと。
・ 紛失、破壊及び改ざんを防止すること。
・ 第三者からのアクセスを防止すること。
・ 必要が無くなれば破棄または削除すること。


違反したときは

  ・ 改善命令や罰則(6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金)が適用されます。



 就職差別を未然に防止し、公正な採用選考を図るためには、法律を遵守すればよいというものではありません。
 従来、公正な採用選考について、事業主のみなさまにご理解とご協力を要請してきた趣旨を十分にご認識いただき、今後とも、公正な採用選考システムの確立が図られるよう、さらに積極的な取組みをお願いします。


このページのトップに戻る
本気で考えて。労働保険  高年齢者雇用安定法等  バナー(HP 職業対策課)2案.png  人材サービス総合サイト
e-Gov  厚生労働省によるメールマガジン 厚労省人事労務マガジン    石綿関連疾患のご遺族の皆様へお願い
 大阪労働局

〒540-8527 大阪市中央区大手前4-1-67 大阪合同庁舎第2号館 8~9F

〒540-0028 大阪市中央区常盤町1-3-8中央大通FNビル9F/14F/17F/21F

Copyright(c)2000-2012 Osaka Labour Bureau.All rights reserved.