費用徴収


1. 不正受給者等からの費用徴収

   不正な行為により保険給付を受けたものは、その不正受給部分に相当する額を徴収されます。
 事業主が労働者に不当な保険給付を受けさせることを意図して、保険給付支給請求書などに事業主として報告や証明すべき事項(災害発生状況、負傷年月日等)について、事実と異なる報告又は証明をしたために不正受給が行われた場合、その事業主は不正受給者と連帯して不正受給部分に相当する額を徴収されることとなっています。


2. 事業主からの費用徴収


  1. 事業主が故意又は重大な過失により労災保険に係る保険関係成立届を提出していない期間中に労働災害が生じ、労災保険給付を行った場合、事業主から遡及して労災保険料を徴収するほかに、その保険給付に要した費用の全部または一部を徴収することとなっています。
 
2.

事業主が労災保険料を滞納している期間中に労働災害が生じ、労災保険給付を行った場合、事業主からその保険給付に要した費用の全部または一部を徴収することとなっています。
 
3.

事業主が故意または重大な過失により生じさせた労働災害(業務災害に限る。)について、労災保険給付を行った場合、事業主からその保険給付に要した費用の全部又は一部を徴収することとなっています。


このページのトップに戻る
本気で考えて。労働保険  高年齢者雇用安定法等  バナー(HP 職業対策課)2案.png  人材サービス総合サイト
e-Gov  厚生労働省によるメールマガジン 厚労省人事労務マガジン    石綿関連疾患のご遺族の皆様へお願い
 大阪労働局

〒540-8527 大阪市中央区大手前4-1-67 大阪合同庁舎第2号館 8~9F

〒540-0028 大阪市中央区常盤町1-3-8中央大通FNビル9F/14F/17F/21F

Copyright(c)2000-2012 Osaka Labour Bureau.All rights reserved.