ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報労働局についてよくあるご質問
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 労働基準・労働契約関係 > 法令・制度 > 労働時間制度の基礎から設定改善対策まで

労働時間制度の基礎から設定改善対策まで

 

260603-01.jpg                                    

 

労働時間制度のあらまし
 

法定労働時間と法定休日、時間外労働の基本

変形労働時間制と裁量労働制(労働時間の例外1)

管理監督者の範囲(労働時間の例外2) 

年次有給休暇(年休・有休)について

労働時間関係の告示等

 

その他の基礎知識~休憩時間など~

 

労働時間の設定の改善について

 

 労働時間等(労働時間、休日及び年次有給休暇等)の設定の改善により、仕事と生活の調和のとれた

働き方を推進するために。

 

 

 詳しくはこちら【厚生労働省HP】

 

 

 

 

 

 働き方改革の実現に向けて

「大阪労働局働き方改革推進本部」発進! 

 

 

  

 

 

   

夏の生活スタイル変革について【厚生労働省HP】

夏の時期に「朝型勤務」・「フレックスタイム制」を推進し、 

夕方早くに職場を出るという生活スタイルに変えていきましょう 

 

 ゆう活

 

 

 

 

 

 

 ●

「勤務間インターバル」について【厚生労働省HP】  

  勤務終了後、一定時間以上の「休息期間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保するものです。労働者が日々働くにあたり、必ず一定の休息時間を取れるようにするというこの考え方に関心が高まっています。

 

働き方・休み方改善コンサルタントを利用しませんか(655KB; PDFファイル)

 

 事業場の希望により、労働時間等の設定の改善について専門家が助言、個別相談を行います。

 

「働き方・休み方改善指標」・「働き方・休み方改善ハンドブック」のご利用について 

 

 自社にどのような課題があり、その改善の取組に何が足りないのか等の診断や、改善取組の好事例

掲載。 

  *企業向け「見える化」診断

   厚生労働省「働き方・休み方改善ポータルサイト」はこちら

 働き方・休み方改善ポータルサイトバナー.jpg
 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

  

職場意識改善助成金について

中小企業における労働時間等の設定の改善の推進を図ることを目的とする助成金です。

 ・職場環境改善コース(所定外労働の削減や年次有給休暇の取得促進)

 ・所定労働時間短縮コース(特例措置対象事業主による所定労働時間の短縮)
 ・時間外労働上限設定コース(時間外労働の限度基準以下の上限設定)
 ・勤務間インターバル導入コース(勤務間インターバルの導入)
 

 

※在宅またはサテライトオフィスにおいて就業するテレワークに取り組む中小企業事業主を

  支援するテレワークコースの問い合わせ先はこちら(申請窓口:テレワーク相談センター)

 

「医療労務管理相談コーナー」事業のお知らせ

 

        260603-02.jpg

働き方・休み方改善コンサルタント

Dr.カイゼン 

 

 

 

 

 平成26年4月から、医療従事者の勤務条件改善に向けた医療機関の自主的取組の支援も目的に開始しました。

 

 医療従事者の勤務環境改善に役立つ情報はこちら 

           270331-01.gif 

 

取組事例(好事例集)
         

大阪における労働時間の現状
         

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)
         
         
         
このページのトップに戻る
本気で考えて。労働保険  高年齢者雇用安定法等  バナー(HP 職業対策課)2案.png  人材サービス総合サイト
e-Gov  厚生労働省によるメールマガジン 厚労省人事労務マガジン    石綿関連疾患のご遺族の皆様へお願い
 大阪労働局

〒540-8527 大阪市中央区大手前4-1-67 大阪合同庁舎第2号館 8~9F

〒540-0028 大阪市中央区常盤町1-3-8中央大通FNビル9F/14F/17F/21F

Copyright(c)2000-2012 Osaka Labour Bureau.All rights reserved.