ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報労働局についてよくあるご質問
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 雇用均等関係 > 法令・制度 > 仕事と育児・介護との両立支援について

仕事と育児・介護との両立支援について


育児又は家族の介護を行う労働者の職業生活と家庭生活との両立が図られるよう支援することを目的として育児・介護休業法が定められています。

平成29年1月1日、改正育児・介護休業法が施行されました。


雇用環境・均等部 指導課(所在地はこちら)では、育児休業制度や介護休業制度の普及・定着を図り、「育児・介護休業法」が円滑に施行されるように、相談・援助を行っています。

紛争解決援助についてはこちら

労働相談の事例については、「労働問題の質問と回答」「解決事例」のページでご覧いただけます。



育児・介護休業法では


 ic_h5.gif 育児休業
   労働者(一定の期間雇用者を含む)は、子が1歳に達するまで(両親ともに育児休業をする場合は子が1歳2ヶ月に達するまでの間に1年間)、育児休業をすることができます。
 1歳を超えても休業が必要と認められる一定の場合には、1歳6ヶ月に達するまでの間、育児休業をすることができます。

 ic_h5.gif 介護休業
   労働者(一定の期間雇用者を含む)は、常時介護を要する対象家族(配偶者、父母、子、配偶者の父母、同居かつ扶養している祖父母・兄弟姉妹及び孫)1人につき、分割して3回まで、通算93日までを限度として、介護休業をすることができます。

 ic_h5.gif 子の看護のための休暇
   小学校就学前の子を養育する労働者は、当該子が1人の場合は年に5日まで、2人以上であれば年に10日まで、子の看護又は予防接種や健康診断を受けさせるために、半日単位で休暇を取得できます。


 ic_h5.gif 家族の介護のための休暇
   要介護状態にある対象家族の介護その他の世話を行う労働者は、当該家族が1人の場合は年に5日まで、2人以上であれば年に10日まで、介護その他の世話を行うために、半日単位で休暇を取得できます。

 ic_h5.gif 所定外労働の免除
   3歳に満たない子を養育する労働者又は要介護状態にある対象家族の介護を行う労働者は、所定外労働の免除を請求できます。

 ic_h5.gif 所定労働時間の短縮等の措置
   事業主は、3歳に満たない子を養育する労働者について、1日の所定労働時間を6時間とする短時間勤務制度を講じなければなりません。
 事業主は、要介護状態にある対象家族を介護する労働者で現に介護休業をしていない者について、利用開始から3年の間で2回以上、所定労働時間の短縮等の措置((1)短時間勤務、(2)フレックスタイム制、(3)始業・終業時刻の繰上げ・繰下げ、(4)介護費用の援助等の措置)のいずれかを講じなければなりません。
 事業主は3歳から小学校就学前の子を養育する労働者についても、短時間勤務等の措置を導入するよう努めなければなりません。

 ic_h5.gif 時間外労働の制限
   小学校就学前の子の養育又は要介護状態にある対象家族の介護を行う労働者は、1ヶ月あたり24時間、1年あたり150時間を超える時間外労働の免除を請求できます。

 ic_h5.gif 深夜業の制限
   小学校就学前の子の養育又は要介護状態にある対象家族の介護を行う労働者は、深夜業(午後10時から午前5時まで)の免除を請求できます。

 ic_h5.gif 不利益取扱いの禁止
   育児・介護休業、子の看護休暇、介護休暇、所定外労働免除、時間外労働制限、深夜業制限、所定労働時間短縮等措置の申出や取得を理由とする解雇その他の不利益取扱いは禁止されています。

 

  ic_h5.gif 育児休業・介護休業等に関するハラスメントの防止措置

 

     事業主は、育児・介護休業等に関する、上司や同僚からのハラスメント行為を防止するための措置を

     講じなければいけません。

 
 ic_h5.gif 労働者の配置への配慮

   事業主は、労働者を転勤させようとする場合は、育児又は介護の状況に配慮しなければなりません。


 

職業家庭両立推進者の選任届様式(様式をダウンロードできます。)
育児・介護休業法 
育児・介護休業等に関する規則の規定例

・ 法令等詳細な情報をお知りになりたい方は、厚生労働省雇用均等・児童家庭局のホームページ  




ic_h4.gif 育児や家族の介護を行う労働者を支援する事業主への給付金


仕事と介護の両立支援の取組をアピールしましょう!

  仕事と介護を両立できる職場環境の整備促進のためのシンボルマーク(愛称「トモニン」)を使用して、仕事

 と介護の両立に取り組んでいる会社であることをアピールしましょう!

  詳しくはこちら

 

    トモニン_ロゴ_バナー.jpg 

 

 

このページのトップに戻る
本気で考えて。労働保険  高年齢者雇用安定法等  バナー(HP 職業対策課)2案.png  人材サービス総合サイト
e-Gov  厚生労働省によるメールマガジン 厚労省人事労務マガジン    石綿関連疾患のご遺族の皆様へお願い
 大阪労働局

〒540-8527 大阪市中央区大手前4-1-67 大阪合同庁舎第2号館 8~9F

〒540-0028 大阪市中央区常盤町1-3-8中央大通FNビル9F/14F/17F/21F

Copyright(c)2000-2012 Osaka Labour Bureau.All rights reserved.